30日にラウムさんとお別れして、1日新幹線で東京に。
行ってみたらおかんがめっさひどい風邪っぴきで突然仕事を休んだ。
元々取ってた休みと合わせて4連休で、おかんは4,5年ぶりの大連休(『大』ってほどか?)だった。
せっかく休んだんだから一応病院に薬はもらいに行ったしあとはゆっくりしてればいいのに、おかんは性格上家に落ち着いていられない(;´∀`)
ゴンゴン咳しながら一緒に近所のショッピングモールに行って、母の日を選んであげた。
靴下屋のフットカバー。
おかんとあたしの足は当たり前ながらそっくりでかかとがないから、おかんもフットカバーなんてひっかかりの悪そうな靴下は脱げると思って避けていたらしい。あたしが持って行ってたのを履かせて意外と脱げないって教えたら欲しがったからちょうど良い母の日になった(`・ω・´)

ちなみに、お母さんへの母の日はエコレジバッグ。柄にも悩んだんだけど喜んでくれたみたいだからよかった。
そして、来月渡しには行けないだろうからちょっと早めに父の日も。それが靴下屋の靴下。スポーツ用のすごそうなヤツ。渡した次の日に即履いてくれてたからなんかちょっとうれしかった。

183651_1118952318_41large

183651_1118952349_97large

4日、コロコロ実家に最近忙しくてご無沙汰だったおかんと一緒にお邪魔して、あたしは今回最後の挨拶(5日は早朝に車で迎えに来てもらってそのまま高速乗っちゃうから)で行ったあと、コロコロと2人でスカイツリー見物に行った。
すげえな、スカイツリー。
ほんとでかい。
あたし幼稚園くらいから小学校低学年までこの辺りが地元だったんだけど、きったねえヘドロ川のある(今でもきれいってほどではなかった)大したことのない下町だったのに、こんなになるとは驚いた。
住んでたアパートも一瞬住んだ借り一軒家も残ってて、なんていうの? 懐かしい? 切ない? 懐古? 郷愁? ノスタルジー?
なんか、そういうような気持ちになった。

そのあと上野でみんなと待ち合わせ。
はやはや、こばま、げっちゃんとお茶しながらぐだぐだしてから、途中からグリスティッチ到着で飲みに移行。
仕事で来られなかった柚子さんは電話参加でちょっと残念だったけど、またの機会に全員集合しよう!
だけど、地震で大変だったヤツもいつつ、なんやかんや元気でよかった(´▽`)


って、そんなこんなしてるうちに、コロコロ実家からもらった車・アリオン氏で帰る日の5日。
5日は朝5時にコロコロがアリオン氏でうちにお迎え。
前日やっぱり飲み会だったおかんはぐったりながらお見送り( ・∀・)ノ

183651_1119169041_144large


6時過ぎに海老名。
大きいサービスエリアなだけあって早朝ながら人はちらほらいるけど、さすがにお店は閉まってるところも多かった。
名物らしいメロンパンはまごうことなきメロンパンで、とっても香り高いメロン臭(『臭』って良い香りっぽくない…?)
また海老名通ったら絶対に食べる!!(`・ω・´)

次の足柄も大きかった。
漫喫寄りたかった~。

富士川は2階に上がったら富士山が目の前! でかい!!
…でも悔しながらガスってて写真にはおさめられなかった(´・ω・`)
それでも肉眼では見えるんだから、目ってすごいよね。

浜名湖では黒はんぺんと大根のおでんを食べてみた。
黒はんぺんて、はんぺんってよりもつくねなんだねえ。
あと、お約束だからうなぎパイと、ゆかり購入。

183651_1120217604_218large

13時頃、大阪通過。
道すがら太陽の塔を見かけて大興奮(゚∀゚)=3

183651_1120327306_166large

183651_1120327323_3large

183651_1120327314_96large

出発から9時間で(いや、コロコロは4時半くらいから出てるんだから、+30分だ)有馬温泉到着。
まだチェックインできる時間じゃなかったから、荷物を預けて温泉街巡り。
まずは湯泉神社。あたしがここに来たいがための有馬温泉選択だったといっても過言ではない。

写真を撮るのも躊躇われるどどーんとした、…玉鉾さま(銀魂でいうところの、ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲)が鎮座なさっているタイプの神社(あたしは純粋に撮り損ねた)。

183651_1120449140_182large

お守りは絶対に買おうと思っていた。
玉鉾さまは女性が持って、阿福さまは男性が持つお守り。
巫女さんがいる売店的なところで買うんだと思ってたらそういうのはなくて、脇に無人で商品が置いてあって書いてある金額を置いていくシステムでちょっと驚いた。

183651_1120342612_121large



温泉街はあえてのレトロ感とリアルな古さが混在した不思議な雰囲気で、お客も多くて年齢層も幅広くてかなり活気があった。
炭酸煎餅屋さんはあちこちにあって、見ていると中で焼きたてのお煎餅の型からはみ出た余分な部分をパキパキ割ってる人が、きちんと丸い形に整えたお煎餅を「どうぞ」ってくれる。
これがうまい(・∀・)
プレーンな奴と生姜クリームを挟んだヤツ(ゴーフルっぽい)、2種類を買った。
てっぽう水(ありまサイダー)っていう地サイダーがまたうまかった(・∀・)
炭酸が強くて甘味は弱め。すっきりしてなんだか大人味のサイダーだった。

183651_1120342631_46large

ちゃんと箱詰めされてるお土産用できれいな瓶のと違って飲んだ奴は古い瓶でレトロ感だったんだけど、よく見たら瓶に『三ツ矢サイダー』って書いてあった。
使いまわし感もレトロ(゚∀゚)

そういうところを歩き回ってから宿に戻るといい時間だった。
部屋に通されてからすぐ浴衣に着替えてまず別館のきれいな大浴場。
急ぎ気味に入って30分後に外で待ち合わせて、次は阿福と玉鉾の湯に。宿敷地内の川沿いをちょっと歩いた先にある露天風呂。
ごはんの時間が迫っていたから時間的余裕がかなり短かった。
外で「じゃあ●分までの感じで」と別れて中に入ったら、これが驚くほどのおばあちゃんの団体さん(関西弁でかなり賑やか)。
その露天は小さめなんだけど、そこの脱衣所に湯上がりのホカホカなおばあちゃん(裸)ぎっしり。
もうちょっとしたドッキリ企画なんじゃないのか、というほどのおばあちゃんの数。15,6人いたんじゃないのかな。
入り込んだら避けてもペタペタとおばあちゃんの肌に当たる当たる…。
裸のおばあちゃんかきわけて中を覗いたら、中は若い人が1人ぽつーんと入っていた。
『なんだ、これなら入れる』と思うものの、隙間がなくて、脱衣カゴが取れない。
取ったところで脱ぐためにスペースもままならない。
泣く泣く外に出てコロコロが上がるのを待って、ごはんに行った。
ちなみにコロコロのほうはガラガラだったそうだ。

183651_1120351862_235large

183651_1120351923_252large


ごはんがすてきなバイキングだった。
絶対に食べたかった神戸牛も付けてもらった。めっさやわやわでうまかった。゚(゚´∀`゚)゚。
あと自分で取ってくる中で一番あたしが好きだったのは紫キャベツのなますみたいなヤツ。
おなかいっぱいいっぱいに食べた。食べまくった。


183651_1120362722_184large


183651_1120347051_81large

183651_1120362738_148large

その帰り道でもう1回玉鉾の湯に寄ってみたら今度は誰もいなかったからゆっくり入れた。
湯船の奥に玉鉾さまが神々しく祀ってあって、実に実にご利益ありげな佇まいだった。
露天だから上半身はちょっと涼しくて、金泉って種類の赤茶色のお湯は気持ち良くあったかくて、良いお湯でした。

あと、貸切風呂は3種類あったけど、14時に宿に着いたときにはもう既に結構予約で埋まっていて時間的に考えて洞窟風呂を選んだ。
広々した貸切風呂。洗い場も2つ付いてる。お湯は透明だった。…あれも銀泉だったのかな?

これだけお風呂入ると贅沢ながらぐったりで、21時台に寝入った。
2時頃というなんとなく怖い時間帯に(子供のようだけどあたし的にはなんだか怖いんだよ)覚めたものの、ビビリのあたしがあれだけ純和風部屋なのにビビる心を湧かせる隙なくそのまま即熟睡した。
朝目が覚めたときは、自分がどこにいるのか本気でわからないくらい熟睡からの帰還って感じだった。

183651_1120373564_44large


朝ごはんもバイキング。
あさからまたがっつり食べてしまった。

宿を出る前にもう1つあるお風呂に入ってこようと思ってたんだけど、開いてる時間をちゃんと聞いてなくて行ってみたら閉まっていた…。
残念(´・ω・`)

10時にチェックアウトして、11時前には神戸に着いていた。
わかってはいたけど、近!!

まずは異人館街。
ぶっちゃけ、ここでは神戸の商魂を見せつけられてゲンナリした(;´Д`)
いっぱいある異人館は入場料が必要なところがほとんどで、いろんな異人館に入れるパスポート的なものもあるらしかった。
でもあたしらは今回異人館街だけで神戸旅を終わるつもりはなかったので、時間的に考えて異人館は1個2個でいいと思っていた。
だから巡り歩く中どこの異人館にはいるか吟味するんだけど、入場券を売る人がコッテコテに商魂たくましいおばちゃんが多く、すっげえまくしたてて押し付けてくる。
客がどのルートでそこまで来たのかわからないのに、見せたい異人館の説明からまくしたて、券を結構強引に買わそうとする。
しかも話が長い。
こちらが「いろいろ見たいんであとでまた来ます」的なことを言っておばちゃんのまくしたてを切ると、捨て台詞。
「異人館の良さは入らないとわからないよ」

(#゚Д゚)ハア!?
じゃあそんなもんわかんなくて結構だよ(メ゚皿゚)
なんでそんな上から発言なんだよ、あほかヽ(`Д´#)ノ


という気持ちについなってしまう。
大嫌いだぜ、ああいう接客。
相手の身にならず自分の言いたいことだけをぐいぐい押しつけて、思い通りにならなかったら捨て台詞。
ありえない。
あれじゃ、あとで来る気なくす。


183651_1120648076_18large

…まあそれはおいておいて、
『サターンの椅子』っていうパワースポット(?)に行った。
なんだか願いが叶う椅子なんだって(あたしは知らなかった)。
似た椅子が右と左に並んでて、向かって右が女の人用。
男の人のはがらーんとしてて、女の人用のは行列。
そしてみんながみんな、座ったらかわいらしく手を組んで合わせて『おねがいっ☆』ってポーズで写真撮ってたから、 あたしはあえてふんぞり返って撮ってもらった。
後ろに並んでた女子たちが一瞬『なにあの人』的にどよっとしたけど、 んな、みんなみんなが同じにやったって面白くねえじゃん。
別に宗教じゃないんだから、ポーズ決まってるわけでもないだろうしさ。
ポーズこそふざけたかしれないけど、こちとら内心は真剣そのものだこの野郎( ゚Д゚)
…などとひねくれた態度と考えをしつつあとでその写真見てみたら、妙におなかが飛び出して妊婦さんのような体に写ったんだけど…(人生最大に太ったとはいえ、さすがに実際ここまで出てない)
これって、期待していいのか?ヽ(・∀・ )ノ
いや、どちらかと言ったら「このGW食いすぎでひどいから痩せろ」ってお告げだろうな( ̄Д ̄ )
って、そんなサターンの椅子のところの人は説明もしてくれるしすごく良い人だったよ。


183651_1120414278_37large

183651_1120414284_172large

異人館街から移動して、海岸通。
スイーツを食べたかったんだけど、ガイドブック見るともうどこに行っていいかわかんなかった。
見どころがありすぎる。
食べどころが多すぎる。
ぱっと目についたスイーツ屋さんに行った。
見た目はかわいいし食べたらおいしいし、すげーな、神戸スイーツ。

183651_1120421098_24large

何気ないビルに服屋さんや雑貨屋さんが入っていて、楽しい。
見るところがはんぱなくある。
ぜんぜん見切れなかった。
絶対近いうちにまた神戸行きたい(主に買い物目当てのために)。
1件めっさ良いお店を見つけた。安いしかわいいし使えそうな服いっぱい。絶対また買い物に行く!!


183651_1120425521_79large

183651_1120425539_104large

そうこうしてるうちに日が傾いて、評判の洋食屋さんまで車移動。
ここがうまかった。
あたしはクリームコロッケ。コロコロはビフカツ。
神戸、おいしいものだらけでまだまだ食べたいものいっぱいだけど、神戸に行ったら絶対にこの洋食屋さんは外せないと決まった。


183651_1120437142_34large

最後に神戸の夜景が見たくて山に登りたかったんだけど、山への道の大渋滞に心が折れて諦めた。
ポートタワーからの夜景に変更。
ポートタワーは海沿いにあって、船も海に映ってる夜景もめっさきれいだった。
「スカイツリー見てきちゃうと小っさいなあ」なんて思いながらエレベーター昇ったら高い。ぜんぜん高くてめっさきれい!
近くのモザイク(ショッピングモール的なもの?)にも行ってみたかった。
次は絶対に行く!!


183651_1120449130_31large
帰り道、三木のサービスエリアで探していたこうのとりキティを発見(゚∀゚)
だけど、欲しかった根付じゃなくてボールペン。
靴下もあってかわいかったから購入。
龍野西のサービスエリアで、念願の根付発見(゚∀゚)
ちょっと残念だったのは、ピンクしかなかったこと。
本当は水色と2つ揃えたかったんだけど… (´・ω・`)
でもまあ、あってくれたからよかった 
ヽ(*´∀`)ノ
前から欲しくて通販で買っちゃうか悩んでたんだけど、なんとなく現地から(?)手に入れたかったから、コロコロの出張のとき探してくれるよう頼んだり、自分が通りがかることがあったら探そうと思って通販は使わなかった。
この辺りで手に入るのは調べ済みでわかってたけど、絶対あるかはわからなかったから手に入ってよかった
~(*´∀`*)

183651_1120463510_204large


この旅の戦利品たち。
こないだ柚子さんがやってたの見て真似っこしてみた。
…並べてみると思ったより少ないなあ(;・∀・)
スカートとキャミとシュシュ…いや、ポニー?は、実用性ありまくりで気に入った。
神戸、安くてかわいいものいっぱいでいい! また行きたいっていうか、むしろもう住みたいヾ(*´∀`*)ノ
じゃないと見きれる気がしない!!


今回、総合的に考えると、なんだか、タワー的なもの多かった印象。
…なんていうか、銀魂でいうところの汚れたバベル?
汚れた、は失礼だな。
…っていうか、銀魂でのたとえばっかだし、しかもそのたとえ、ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲とか汚れたバベルとか、そればっか(;´∀`)
でもなんか、スカイツリーとかポートタワーとか太陽の塔とか玉鉾さまとか………。
あたしの心が汚れているだけか? いや、違う気がする。あたしの心の汚れだけの問題じゃない気がする。

というわけで、なんか銀魂のあのモザイクかかったバベルな映像がイメージとして印象に残る2011年ゴールデンウイークだった。
楽しかったのになんか最悪な締め方?
いや、そんなこたない。
良い意味で(?)のバベルだから。