c345caea.jpg

d6b5435b.jpg

364fc22f.jpg

真のラスボスがわかったので、先に絵本バッグにとりかかった。

さすが元ラスボス。
大変だった。
まず、布の問題。
ピンクで作ろうと思ったけど、もともとはぎれしかお店に残ってなかったピンク。
大きさに限界があった。
一枚布でわにして作る大きさはなかったから、横に二枚取ってわの部分は縫い合わせた。
わになる部分はアイロンで割って、裏布がわりにプレシオン裏接着布をアイロンで貼った。
がたがたになってもいいや!って思いきってやってみたけど、きれーいにシワもなく貼り付けられた
思ってたよりもハリのあるバリッとした仕上がり。
これは強度ありそう。

わの部分に切り替え撥水オックスで切り替え。
縫い合わせのぬいしろを隠す意味でもの切り替え。
結構厚い布のだから、ぬいしろのでこぼこも目立たなくて狙い通り( ̄ー ̄*)
アイロンと布接着剤駆使して、微調整微調整でわにしたときにシワが入らないように気を使った。
ステッチも曲がらないよう、布もよれないようしつつ、そしてプレシオン裏接着布+オックス+撥水オックス+布接着剤+撥水オックスを貫通させるわけだから、かたい!!
一針一針が、かたい!!
指が痛い

でも考えてみたら、裏布より先に切り替え縫っちゃっておけば、かたさも緩かった上に裏布にステッチが隠れて見えない仕上がりになったんだよね。
…考えがそこまで至らなかった…(´・ω・`)
初めての接着布を上手にできるかどうかに気とられすぎて、慌てちゃった(;´д`)
まあ、赤の糸で縫ったし、裏布は赤に白水玉だから激しく目立ったりもしてないし… まあ、よし!!

わきの部分はほつれないようバイアステープを布接着剤。
最初は使うつもりなかったけどなんとなくセリアで見かけて買ったけど、買っておいてよかった
そして、縫う。
これもかたかったー(;´д`)
切り替えのところはプレシオン裏接着布+オックス+撥水オックス+撥水オックス+オックス+プレシオン裏接着布。
だんだん皮製品でも縫ってる気分になる。…やったことないけど。

袋口のぬいしろを折って、持ち手をくるんで布接着剤でとめて、アイロン。
もう一回折って、布接着剤。
そしてまた、縫う!!!