73442018.jpg

aeb2c3de.jpg

edb90866.jpg

こないだ、花をまく係をやってきたあっちゃん。
かわいらしい4歳と1歳の姉妹さんと一緒に3人で、花嫁さんの通る道を花をまいて歩いた。
…いや、お花の入ったカゴを持ってニヤニヤ愛想振りまきながら歩いて、係の人のところまで行ったらそこで花をまいた、という感じ?

写真はなかなか難しかった
せっかくドレス着て、髪も私の着付けと一緒に美容院でクルクルにしてもらって軽くメイク(薄く頬紅と口紅だけ)までしてもらったのに、「ポーズ!」って言ってもポーズをとりながら踊ってたり止まらないから、どれもこれもブレた写真ばっか…(;´∀`)
そして顔は笑いを取ろうとあえてカメラに視線合わせなかったり、おすまししてたらいいのにくっしゃくしゃの笑顔とか変な顔ばっか(;´Д`)
そういうのもいいけど、『普通に良い写真』も欲しかった…。

そして「七五三に」ともらったビーズの素敵バッグが大活躍
クッキーを入れて大事に持ち歩いて、一緒にお花をまいた女の子にそのクッキーを渡せたからご満悦(*´∀`*)


私もせっかく着付けと髪やってもらったから、と思ったのに、自分撮れるのなんて帰ってからで、もうクタクタの上、着物は着崩れはじめてて、髪も疲れてた…。
そんな写真をコロコロに撮ってもらうが「散らかった部屋と生活感が写らないよう、髪のかっこいい辺りを顔が写らない角度で」という私の要望が面倒過ぎて叶え切った写真が撮れなくて、
「後ろに散らかった部屋全部が写っちゃってるじゃんw もう一回!」
「(パシャ!)…どう?」
「だからw 畳んだ洗濯物写っちゃってるんだってばw」
「(パシャ!)…これなら?」
「www ちょw わざとwww!? ちり紙の箱とか生活感が写ってるってw」
「えええー? どこにwww? …(パシャ!)」
「…www もwww もうw いいwww」
物を退けたりしながら何度写してもらっても納得の写真にはならなくて、疲れておかしなテンションになってたから、いつになっても余計なものを写り込ませるコロコロにもう笑いがどうにも止まらなくて、脱力して、立ち上がって静止している力がなくなったから写真は諦めた。

そして、たぶんかっこよく出来てた髪を角度的にいい角度で写しきれてない…(;´∀`)
もっと、こう、なんていうか、かっこよかったのにーーー(´Д⊂
…まあ立体(?)のものを一枚の写真で写し切るって難しいんだよね…(´・ω・`)
次回の着物の機会に期待!

黒留袖はお義母さんからもらった。
お義母さんはお義母さんのお母さんからもらったのを着るから、ということでこの黒留袖を私にくれた。
ちょっと、いや、かなり嬉しかった。
この黒留袖は、コロコロと私の結婚式にお義母さんが着た黒留袖だったから、それを今度は自分が着られたのも、もらえたのも嬉しかった。

今年はまた秋に着物着ることになるだろうから(むしろせっかくだから着たい!)、きちんと着付けのがっつり着物の頻度が高い!
おかんの友達に着付けてもらって、「いいねえ! これくらい厚みがあれば着物に負けない! いいねえ!」と悪意まったくなく、むしろたぶん褒めてる感じで連呼された…(´・ω・`)
…秋までに、ちょっと痩せたい…(´・ω・`)
着物的にはいいのかもしれないけど… 私的に、しょんぼり気分になっちゃうから、ちょっとでいいから、痩せたい…。
今度の色は黒じゃないから、膨張しないように、少しでも…。
…と鼻水止まらなくて横になれないからとはいえ、一人夜中に携帯いじりながら、かたわらにはキャベツ太郎とチョコ。

…痩せねえわ!( ゜∀゜ )
むしろ増すわ!(# ゜Д゜)

ブーッチッブーッチッ♪ペーペーペケッペーぺぺぺペー♪に行こうかな…。