e475bcda.jpg
1週間を時を経て、再挑戦の爪。

足は全部を利き手でできるし、塗り終わったあと乾燥させるのもそんなに難しくない。
でも手の爪は難しい。
右手の爪は左手で塗るしかないし、それじゃなくても右手は爪が微妙に歪んでて(利き手ゆえ)塗りづらい。
しかもやっと終わっても乾かすのが難しい。
塗り終わったからと気を抜くとどっかに触っちゃったり、すぐヨレる。
人間、いくら『今は待ち時間(`・ω・´)』とか思ったって、何も何にもしないってできるもんじゃない。
ちょっと携帯いじったり、ちょっと一口お茶飲んだり、ちょっと片付けたり。
そんなささいな動きですぐ引っ掛ける( ・´ω・`)
気を張って塗ってただけに、終わると顔とか頭とかふと痒くなってちょっと指の腹で『さわっ』ってやったのに爪に『ぴっ』ってなって「Σ(´;Д;`) あああっ」ってなったり。

きのうの夜も夜中にもそもそ始めて、2時間弱かかった。
型を取る手作業面倒くさくなって買ったフレンチネイルのガイドシールを爪に貼って、赤地を塗って、慌てず乾かして、その状態のまま上からトップコート。
ここがポイントだった。
透明部分には塗らず、赤地の部分だけにトップコート。
これで赤部分の表面が覆われて、にじみにくくなった。
塗ってる間トップコートのハケはちょっと赤くなったけど、最後に拭き取れば後に影響するほどじゃなくて問題なかった。
前回、これなしでいきなり透明部分と赤部分一気にトップコート塗っちゃったから、ハケに付いた赤が透明部分ににじんで汚くなった。
これに気付けてよかった。
そして乾いてからガイドシールを剥がす。
これも、乾いてもないとマニキュアが伸びてよれる。
ガタガタ爪を表面なめらかにするのにちょっと分厚く塗った右手親指と右手中指はちょっとよれた。
でも前回と比べたらなんでもない。許容範囲。
先端にトップコートちょいっと付けた爪楊枝でホロを一つ一つ付けては爪に置く作業。
ここが楽しい
新調した1ミリのオーロラっぽい白のホロ!
もともと持ってた2ミリは扱い慣れてたけど、それと比べると1ミリは小さい:(;゛゜'ω゜'):
ちまちまと水玉になるよう置いて終わったら、緊張の最後。全爪トップコート。
乾いてからやったつもりだったけどやっぱりまだまだだったみたいで透明部分と赤部分の境目がぼんやりしたところもあったけど、前回と比べたら許容範囲!!

乾燥スプレーして落ち着いてから寝たけど、朝起きて爪見るのが怖かった(;´∀`)
今までの人生、何度、何度、寝て起きて布団じわが付いててがっかりしたことか…。
今は別として寝しなにやるな、なのかもしれないけど、昔から寝る前がこういうのやる気が一番出るんだ…。

でも今回はまあまあ成功( ´Д`)=3

もう一回トップコートして微調整するか、前回の教訓、『深追いは禁物』を守るべきか…。
でも今回、あえて薄化粧(?)に終わらせてるから、もう一回のトップコートは深追いには入らない… かな!
というわけで、あっちゃん寝てから塗ってみた!
…(゜゜)(。。) 大丈夫そう。

あしつめと絶妙なおそろい感に合わせられた
自己満足な納得の達成感(*´∀`*)

これで何日もつかなあ。
ジェルネイルとかじゃないからいくらももたないかも…(´・ω・`)
足なら手直ししながら普通に4、5週間もつんだけど、手はかかる負荷がぜんぜん違うからなあ。
ちょっと削れても視界に入りやすくて目立つし。
せっかく頑張ったから、1週間くらいもたせたーーーい( ´∀`)